ブラインドタッチ養成ギブス

counter


ここでは私が作ったキーボード練習ソフトの紹介とサポートを行います。


1999年10月12日版 β公開

とりあえずきりが無いので、ここで一度公開します。
まだ予定としてはいろいろありますが、こんな感じ、ということで。


全世界を相手にランキング募集っ!

していましたが、個人情報保護法の施行により中止しました。

ダウンロード

入手方法についてはこちら。10月に出来上がった最新版 Version 0.09もあります。
[ダウンロード]はここから。もしかしたらブラウザに圧縮ファイルの内容が表示されると言う大胆不敵なこともあるかもしれません。ブラウザで開かないで、ファイルに保存してください。LHAで圧縮してありますからLHAまたは100%LHA互換のツールで展開してください。
このソフトはこんなソフトです。

日本で開発された圧縮形式であるLZH形式を展開できない人のためにzip形式も用意しました。

[起動時の画面]

特徴

★サイズが小さい

なんと実行ファイルの大きさは20KB(20,480byte)です。
また、実行には別途DLLが必要といった動作制限はありません。起動に際して外部の実行ファイルを必要としないために起動は瞬時に行われます。
ちょっち画面表示がおかしくなるとか、起動に時間がかかるということを除けば、Windows 3.1 + Win32s の環境下でも動作します。最新のWin32s環境ならば、そのような動作は起きないように作ってはあります。
ちなみに、ヘルプファイルの方が大きいです(38,173byte)。

★軽快な動作

i486 40MHz相当の環境で、秒間20キーの連打にも処理は追従します。

★各種解像度に対応

どんな解像度でも表示します。多分。640 x 480といった画面でも正常に表示し、また1280 x 1024といった高解像度でも乱れません。

★ASCIIだけではなく仮名入力にも対応

これは開発当時から対応していました。最初にこのソフトが表に出たのは1996年7月ですが、当時からJIS仮名入力に対応しています。
これはおそらく、Windows 95のソフトでは日本で最初に対応したのではないかと思います。というのもあるタイピング練習ソフトが「初めて仮名入力に対応」と宣伝するまえからありましたから。
日本人なら日本語を。
って単に私が仮名入力だからなんですけど(^^;)。

★画面表示をカスタマイズ可能

外部の設定ファイルを書き換えることで、表示色やフォントを変えることができます。
この設定ファイルはただのテキストファイルなのでメモ帳などのエディタがあれば変更できます。
カスタマイズするためのツールも用意してあります。別途ダウンロードしてください。

[起動時の画面]


読むなら早くしろ。でなければ帰れっ!

[トップへ] [BKEYについて] [入手方法] [開発日記] [闇の書]

[mail]メールはこちらCopyright © 1998 びい(@nifty ID:RXA01732)